お客様の成長を支援する、
開発パートナーとして

食材と食品加工業の集積地 新潟で1960年に誕生したタケショーは、食品加工業、病院・介護施設、大学や分析・研究機関など様々な分野のプロフェッショナルの方々をサポートしてきました。「食品開発」支援事業、「健康・栄養充足」支援事業、「分析・研究」支援事業の3つの事業を展開し、商品開発、メニュー開発、分析・研究実務における課題解決を通して、お客様の成長発展を支援してまいります。

タケショーの綜合力を活かして

お客様に最適なソリューションを提供するため、「食品開発」支援事業、「健康・栄養充足」支援事業、「分析・研究」支援事業の3つの事業領域が、綜合的に機能しています。私たちには、これらの3つの事業を支える、以下のような特徴があります。

情報力

タケショーは、食材と食品加工業の集積地である新潟で、さまざまな食に携わり、情報やノウハウを蓄積し、また、原材料メーカーをはじめとするパートナー企業の方々との信頼関係を築いてきました。それらをカタチにしたのが「食の花束広場」。原材料メーカー約800社のさまざまな原材料および情報を集積しており、新たな食の可能性を追求します。

食の花束広場

開発機能

「お客様のもうひとつの商品開発室」として、お客様にとって最適な提案をいたします。「おいしさ」の設計のほか、物性の改良や機能性の付与など、さまざまなニーズにお応えします。また、「おいしさ」を客観的・科学的に評価し、見える化する(=「おいしさを科学する」)ことを通じて、お客様の商品開発を綜合的にバックアップいたします。

開発の様子

製造機能

おいしさの設計などにとどまらず、自社工場にて原材料をブレンドし、お客様の使いやすい形でお届けすることができます。FSSC22000認証を取得し、厳格な安全管理のもと、安全・安心な製品作りを徹底しています。

製造の様子

これらの力を活かして、お客様に最高の食の花束をお届けいたします。